死亡保障 目安

生命保険の死亡保障の目安はいくら?

死亡保障の目安

ご家族や大切な人、またはご自身が亡くなったり、病気になったとき、いくらあれば足りるのでしょうか。これは、いくらだと額がいえるものではなく、ケースバイケースです。

 

まず、考える順番として、

 

1.いくらの保険に加入すればいいのか
2.死亡したときに、いくらあれば足りるのか
3.病気になったときに、いくらあれば足りるのか

 

というように、考えてみるといいと思います。

 

では、どうしてこの順番で考えると良いのか?

 

「死亡したときにいくらあれば足りるのか」「病気になったときにいくらあれば足りるのか」
この2つは、「保障」の話です。

 

「いくらの保険に入ればよいか」
これは、「保険料」の話です。

 

「保険に入る」とは、「保険料を支払うことで保障を得る」ということです。つまり、「得たい保障の内容によって、保険料の額が変わる」のです。ですから、まず第一に「得たい保障の内容を決める」ことが大切です。

 

では、どうして、病気になったときの保障よりもまず、万が一死亡したときのことを先に考えるとよいのでしょうか。なぜかというと、それは、「病気になったときにいくらかかるのか」というのは、いくらかかるという断言が出来ない、という現状があるからです。ですから、予め「死亡したとき」と「病気になったとき」に、ある程度必要な金額を確認した上で、それに見合った保険探しをしましょう。

 

また、ファイナンシャルプランナーへ、無料相談が出来るシステムもあります。プロに相談すれば、希望に応じたシミュレーションをしてくれますので、とても便利です。このようなシステムも、上手に活用することで、毎月の負担を減らしつつ、ご自分にあった保険を見つけ出しましょう。


頼りになるファイナンシャルプランナーへ無料相談

しっかり話を聞いて、それでいて納得のいく保障と保険料が選べる!

新規・見直しで生命保険への加入をお考えの方は沢山いらっしゃいますが、なかなか自分だけで一番適切な生命保険を選びだすというのは難しい事です。

そういった保険の知識のない一般人が生命保険選びをする際に頼りにすべきなのが「保険見直しラボ」。保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーはどこの保険会社に所属しないため中立なアドバイスを受けることが出来ます。

立ち入った話も出来て、気に入った専門家にアドバイスが貰えるのは「保険のビュッフェ」。

こんな方 に「保険見直しラボ」はおすすめ
自分に合った保険を探せない
今まで入っていた保険について聞きたい
勧誘の心配をせず気軽に相談したい
安くて保障も万全の保険に入りたい


ホーム RSS購読 サイトマップ