保険 節約 家計

保険の節約が家計の助けになる

なぜ保険の節約が家計の助けになる?

保険料によって、家計が圧迫されつつある人も、少なくないのではないでしょうか。家計の節約には、保険の節約が一番良いと言われています。では、なぜ保険の節約が家計の助けになるのでしょうか。

 

生命保険の見直しを考えるきっかけというのは、家計の圧迫がほぼ100%を占めていると言っても間違いではないようです。長引く不況の影響もあり、家計が苦しくなってきた為、少しでも家計を楽にしようという考えから、保険の見直しを考えるというわけです。

 

しかし、よくよく考えてみれば、家計を楽にしたいのであれば、保険料を減らすこともないのです。簡単に言えば、支出額を減らせば、それでいいのです。例えば、外食の回数を減らしたり、教育費を減らしたり、家族のお小遣いを減額するなどしても、支出額を減らすことが可能です。。家計を楽にするのが目的の場合は、実はどちらでもよいのです。

 

では、どうして教育費や小遣いなどの減額よりも、生命保険の見直しの方を勧めるのでしょうか。それは、「日常生活の充実」と「非常時の為の備え」を、天秤にかけた結果なのです。

 

生命保険の保険料というのは、「もしものときの為の備え」なのです。「もしものとき」には、もちろん役に立ちますが、普段の生活においては、家計の助けには、全くなりません。ですから、いくら保険料を払っていても、日常生活が、より快適になるというわけではないのです。

 

一方、教育費や小遣いなどは、「実生活に関わるお金」です。まさに、小遣いや外食費などがそうです。教育費は、今現在の実生活には、あまり関係がありません。ですが、大切なお子様のの将来の生活に対しては、とてもに大きな影響があります。では、「もしものときの為の備え」と「実生活に関わるお金」では、一体どちらが大事なのでしょうか。

 

結論からいえば、どちらも大事です。

 

ただし、やはりこれも、程度の問題です。

 

ここで見落としてはならないのが、「日々の生活があって、明日がある」ということです。日々の充実は、人間が幸せに生きていく為には、とても大切であり重要なことです。もちろん、今のことだけを考えていてはいけません。実際に、「もしものときの為の備え」は、絶対に必要です。ですから、生命保険の見直しもお勧めしていますが、全ての生命保険を解約してしまうことは、決してお勧めしていません。

 

家計を楽にすることを考えるのであれば、出来る限り日々の生活は守っていきましょう。そうした上で、保険料の見直しなどで対処できる部分に関しては対処していくようにしましょう。つまり、「これが一番賢明なやり方なのではないだろうか」、ということなのです。


頼りになるファイナンシャルプランナーへ無料相談

しっかり話を聞いて、それでいて納得のいく保障と保険料が選べる!

新規・見直しで生命保険への加入をお考えの方は沢山いらっしゃいますが、なかなか自分だけで一番適切な生命保険を選びだすというのは難しい事です。

そういった保険の知識のない一般人が生命保険選びをする際に頼りにすべきなのが「保険見直しラボ」。保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーはどこの保険会社に所属しないため中立なアドバイスを受けることが出来ます。

立ち入った話も出来て、気に入った専門家にアドバイスが貰えるのは「保険のビュッフェ」。

こんな方 に「保険見直しラボ」はおすすめ
自分に合った保険を探せない
今まで入っていた保険について聞きたい
勧誘の心配をせず気軽に相談したい
安くて保障も万全の保険に入りたい


ホーム RSS購読 サイトマップ