タバコ 保険 安い

喫煙者の保険料は安い

喫煙者の保険料は安い

「ゴールド免許」「仕事で使わない」「年間走行距離が5,000Km以下」
現在では、このようにリスクの低い契約者に対して、保険料を割り引く「リスク細分型」と言われる自動車保険が、販売されています。

 

生命保険おいても、特に、収入保証保険や逓減定期保険(ていげんていきほけん)を含む定期保険においても、考え方は同様です。
健康で一定の条件を満たす人は、保険料を割り引く制度を、導入している保険会社が、多くなってきました。
これは、「健康体割引」や「非喫煙リスク割引」という名称で、知られています。

 

同じ保障内容でも、喫煙の有無・健康状況による保険料の違いを見る保険料は、かなり異なっています。
喫煙者か否かというだけで、通常の保険料の半分近くにまでなってしまうという保険会社もあるようです。
このように、喫煙者の保険料は、安くなってしまうこともあるようです。

 

喫煙の有無適用基準は、それぞれの保険会社によって異なります。

 

では、「現在は非喫煙者だが、過去に喫煙者だった」という人は、どうなのでしょうか。
これは、過去1年以上喫煙せず、ニコチン検査などで、その反応が出ないことが、判定基準となっています。
ですから、こういった検査などをクリアすれば、その基準も違ってくるのです。

 

定期保険は、最も比較のしやすい保険です。
その保険料は、喫煙歴や健康状態なあどの加入条件によって、大きく異なります。
今までは、これといって大きな病気をしたこともなく、リスク細分型の保険に該当するのではと思われる人は、一度保険の見直しをすることをお勧めします。

頼りになるファイナンシャルプランナーへ無料相談

しっかり話を聞いて、それでいて納得のいく保障と保険料が選べる!

新規・見直しで生命保険への加入をお考えの方は沢山いらっしゃいますが、なかなか自分だけで一番適切な生命保険を選びだすというのは難しい事です。

そういった保険の知識のない一般人が生命保険選びをする際に頼りにすべきなのが「保険見直しラボ」。保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーはどこの保険会社に所属しないため中立なアドバイスを受けることが出来ます。

立ち入った話も出来て、気に入った専門家にアドバイスが貰えるのは「保険のビュッフェ」。

こんな方 に「保険見直しラボ」はおすすめ
自分に合った保険を探せない
今まで入っていた保険について聞きたい
勧誘の心配をせず気軽に相談したい
安くて保障も万全の保険に入りたい


ホーム RSS購読 サイトマップ