老後 貯蓄 保険

老後と貯蓄のリスクから考える保険

老後と貯蓄のスクから考える保険準備

老後と聞いて、まだ先の事と考える人もいれば、もう間もなくという人もいます。
これは、同じ事を考えていても、その時の状況や年齢によって、感じ方が異なることから生じる考え方です。

 

「老後」は、生きていれば、誰でも必ずやってきます。

 

それが何年後なのかは、人によって個人差があるので確実なことは、わかりません。
ですが、生きていれば間違いなく、いつかは必ずやってくるのです。
ですから、その時の為に、きちんとした準備をすることが必要になります。

 

ですが、一言で「老後の準備」といっても、一体何を準備したらよいのでしょう。
多くの人が、とりあえずお金を貯めておいたらいいのかな・・・という程度の考えくらいしか、思い浮かばないのではないでしょうか。

 

「一体、何をどのくらい、準備をしておくべきなか・・・」
それを考えることが、保険を考える大きなポイントになります。
更に、条件に合う保険に加入することが、老後リスクの備えとなります。

 

では、何をどのくらい準備しておくべきなのか。
それを、これから考えていきたいと思います。

 

老後リスクは必ず必要になる

まだ先のことと考えている若い人も、老後とリスクを身近に感じ始めた人も、いつか必ず、老後リスクに対する準備をしなくてはならないときがやってきます。
「公的年金があるから大丈夫」と、考えている人も、中にはいるでしょう。
逆に「このご時世、公的保険では足りない」と、考えている人もいると思います。

 

また、「準備が必要なのはわかるが、そんな余裕は、今はない」という人も、いるはずです。
ですが、準備をするのが遅くなれば遅くなるほど、お金の準備には、負担がかかってしまいます。

 

例えば、10年で100万円を貯める為には、年間で10万円を貯蓄ですれば済みます。
ですが、半分の5年では、年間で20万円の貯蓄をしなければ、10年で100万円を貯めることが出来ませんよね。
つまり、老後の準備においても早い段階から考えなければ、負担が大きくなるということなのです。
早いうちから、準備を開始していれば、老後の貯蓄を多くすることも出来ますし、月々の負担も少なくすることが出来るのです。

 

将来迎える老後、これを経験するのは、あなた自身なのです。
ですから、老後リスクを、遠い将来の準備として考えるのではなく、今から必要なリスクなのだということを、しっかりと理解しておきましょう。
気付いたとき、思い立ったときこそ、老後の生活をゆとりある生活にする為の準備を始めることが、大切なのです。

 

「まだ若いし、今から老後を考える必要もないのでは・・・」
いいえ、老後リスクの準備を始めるのに、「早すぎる」ということは、決してありません。
思い立ったその時が、一番のタイミングなのです。
ですから、そのときを、一つの良いきっかけとして、老後の準備を始めてみましょう。

 

老後のことも、貯蓄の事も、どちらもとてもに大切であり、重要なことです

 

ですが、何をどのくらい準備しておいたらいいのかが、あまりよく分からないですよね。
そんな時は、専門家に相談をしてみるといいでしょう。
老齢年金の考え方から、教育資金などの必要資金、老後や貯蓄のことなど。
一人では難しいようなことでも、親切・丁寧に、きちんと教えてくれます。

頼りになるファイナンシャルプランナーへ無料相談

しっかり話を聞いて、それでいて納得のいく保障と保険料が選べる!

新規・見直しで生命保険への加入をお考えの方は沢山いらっしゃいますが、なかなか自分だけで一番適切な生命保険を選びだすというのは難しい事です。

そういった保険の知識のない一般人が生命保険選びをする際に頼りにすべきなのが「保険見直しラボ」。保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーはどこの保険会社に所属しないため中立なアドバイスを受けることが出来ます。

立ち入った話も出来て、気に入った専門家にアドバイスが貰えるのは「保険のビュッフェ」。

こんな方 に「保険見直しラボ」はおすすめ
自分に合った保険を探せない
今まで入っていた保険について聞きたい
勧誘の心配をせず気軽に相談したい
安くて保障も万全の保険に入りたい


ホーム RSS購読 サイトマップ