保険料 目安

生命保険料の目安や平均ってどんな位?

保険料ってどの位かければ良いの?

「保険て、いくらくらいお金をかけたらいいのか分からない」

 

そもそも
「どこが違うかよくわからない。」
「資料を見ても難しすぎる」
「何を比較すればいいのか分からなくて混乱した」

 

こう思う人は、少なくありません。

 

では、日本人の毎月かかる保険料の平均的な価格とは、いくらくらいなのでしょうか?

 

大体が年間で、1世帯あたり45万円強のようですが、不況のあおりを受ければ、保険料の額は、除々に下降に転じます。

 

不況で家計のやり繰りが苦しくなった時には、生命保険をそのままにせず保険料をその時の状況に合うように見直して、掛け金を減らすことが、正しい選択ではないでしょうか。

 

1世帯あたりの保険料の額には、それぞれの状況によって増減があります。つまりこれは、「保険料の見直しをしている人が大勢いる」ということなのです。ですから、何も手をつけずに、昔のペースのまま保険料を払い続けていれば良いというわけでもないのです。

 

だからといって、闇雲に減らせるだけ減らせばいいのかといえば、決してそういうわけでもありません。

 

まず気にするべきなのは、「必要な保険金の額」です。まさかのときに、いくらくらい必要なのかを予算の範囲内で、それを先に見極めて、よりよい方法を探すことが重要なのです。

 

保険料を減らすことだけを考えて、無計画に減らしてしまっても、いざというときに役に立たないような保険にしかなりません。それでは、保険に入ってないのと一緒です。役に立たないのに保険料だけは払っているわけですから、意味がないというよりも、むしろマイナスです。

 

保険料の額は、あくまでも目安として、まずは、必要な保険金の額を確認することから始めましょう。保険料を絞り込んでいくのは、必要な保険金の額を確認した後です。

 

とはいっても、何もそんなに深刻なことではありません。

 

保険金は、各保険商品によって、いくらの保険料でどのくらいの額が付くのかが決まっています。ですから、保険金を中心に考えていけば、自然と、世間並みかそれ以下の水準に落ち着くはずです。

 

ただし、ライフプランや保障についてはそれぞれの考え方もありますので、すぐに決めようとせず、専門化などに意見を聞いて、改めて全体を見直してみるとよいでしょう。


頼りになるファイナンシャルプランナーへ無料相談

しっかり話を聞いて、それでいて納得のいく保障と保険料が選べる!

新規・見直しで生命保険への加入をお考えの方は沢山いらっしゃいますが、なかなか自分だけで一番適切な生命保険を選びだすというのは難しい事です。

そういった保険の知識のない一般人が生命保険選びをする際に頼りにすべきなのが「保険見直しラボ」。保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーはどこの保険会社に所属しないため中立なアドバイスを受けることが出来ます。

立ち入った話も出来て、気に入った専門家にアドバイスが貰えるのは「保険のビュッフェ」。

こんな方 に「保険見直しラボ」はおすすめ
自分に合った保険を探せない
今まで入っていた保険について聞きたい
勧誘の心配をせず気軽に相談したい
安くて保障も万全の保険に入りたい


ホーム RSS購読 サイトマップ